トップページ良くある質問お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

知恵の泉書店
売れ筋トップ3


【 第1位 】

医療スタッフの接遇マニュアル(DVD版)

医療スタッフの接遇
マニュアル DVD


【 第2位 】
高校生面接力向上シリーズDVDビデオ(就職編)
高校生面接力向上
シリーズ(就職編



【 第3位 】
介護スタッフの接遇マニュアル(DVD版)

介護スタッフの接遇
マニュアル DVD

 

 

関連サイト

野球天国 サッカー天国 健康太郎
経営者 > 経営者向け書籍 > 営業利益2割の経営
商品詳細

営業利益2割の経営


著者 本郷孔洋(ほんごうよしひろ)
形態 A5判 150mm×210mm 本文418ページ
発行 2006年3月9日

はしがき

 1 すべての業種で営業利益2割をめざせ

    インターネットは経営の常識を変えた

    売上が増えても経費が増えない不思議

    営業利益20%の時代

    むかしはもっと儲かっていた

    なぜケイツネから営業利益の時代なのか

    歌を忘れたカナリア

    消費税アップで粗利の低い商売は衰退する

    いずれの商売も粗利70%の時代に

    小売という固定観念に捉われてはいけない

    中小メーカーだって健闘している

    業態の変化で一石二鳥の成果

    小さな会社でも利益が取れる

    卸業も薄口銭に甘んじるな

    中小卸が業態改革で、薄口銭商売を改善

    サービス化社会の経営

    これからは業種ではなく業態で考える




 2 豊作貧乏型経営をしてませんか

    忙しいのに儲からない

    遊んでいる社長の会社がなぜ儲かっているのか

    企業は「環境適応業」というが

    脇役が主役を喰う時代

    マーケットをヨコに飛べば

    業態を変えると利益率が違う

    スピードこそ利益

    大きくなってもスピードが鈍らない仕組み

    会計にはスピードの概念がない

    ミスマッチに気づかないからスピードが上がらない

    量の誤算、単価の誤算

    商品ごとのグループ編成はやめる

    週休4日と考えよ

    自社のカルチャーに合う人間だけを集める

    高賃金はつづく

    労働生産性に目をつける

    企業経営というのは、成長と安定を同時に達成しなければならない

    なぜ成長戦略をとらないのだろう




 3 中古品ビジネスに目をつける

    未曾有のチャンスの時代

    「お金もヒマもある元気な老人」が急増している

    アクティブシニア向けのエンタテイメントや生涯教育

    IT活用ビジネス

    FC総合ビジネス

    中古ビジネス

    自動車だって中古がいい

    「リユース」という切り口でビジネスを考える

    美と健康

    知識の差別化は利益を生む

    「可処分時間」という考え方

    100円ショップの経済学

    都市国家時代の再来

    何とかしたいけちなサービス

    8合目で終わってしまうサービス

    新規事業はここに注意したい

     1. 設備投資が過大でも、投資した後、利益が後から宅急便という事業

     2. 元手がかからず粗利の高い商売

     3. カニバリゼーション=共食い




 4 どんぶり勘定のすすめ

    どんぶり勘定の再評価

    まずは売上全体をあげよ

    まるで違う固定費型商売と変動費型商売

    デパートは何屋さんなのだろう

    固定費の変動費化はありえない

    変動費で大事な戦略的経費

    社長の交際費は戦略的経費

    固定費型は経費削減より売上を上げること

    深夜営業の功罪

    固定費型はとにかく営業時間を増やせ

    利益は後から宅急便

    損益分岐点より収支分岐点

    現金利益の発想

    前金だから儲かる

    含み資産のもろさ

    減損会計はV字回復の手段

    オフバランスの時代

    感じる決算書

    会計を知らなくても経営できる

    中小企業のいちばんのムダは経理の仕事

    中小企業ミステリー劇場




 5 経営の痛点

    人生の「痛点」

     1.カラオケボックス事業の失敗

      経営の痛点1「得意の時、失敗の原因をつくる」

      経営の痛点2「事業は始める前が肝心」

      経営の痛点3「悪くなると打つ手の知恵がでない」

      経営の痛点4「事業は始めるときより撤退の処理の方がむずかしい」

     2.ソフトハウスの失敗

      経営の痛点5「丸投げの失敗」

      経営の痛点6「商品で成功して商売で失敗する」

      経営の痛点7「有能な人材をみすみす失う」

    経営とは人間の本性に逆らうことを要求することである

      経営の痛点8「顧客志向は難行苦行である」

      経営の痛点9「会社第一主義では顧客志向にならない」

    顧客志向は愛想とハイテク

      経営の痛点10「精神主義は根拠のない楽観主義に陥る」

    マーケティングとマネジメントを混同するな

      経営の痛点11「不況期に販促費を減らす」

      経営の痛点12「中小企業がマネジメントに熱中する愚」

      経営の痛点13「創業者タイプはいつまでもマネジメントを軽視する」

    営業の痛点

      経営の痛点14「営業のエースをトップ顧客担当にする」

      経営の痛点15「前年度の売上上位会社が必ずしも
                 ベスト顧客とは限らない」

      経営の痛点16「前年度売上上位商品が、自社の将来の
                 ベスト商品とは限らない」

    Eメールはマネジメントを変える

      経営の痛点17「いったんルール化されると実態に沿わなくても
                 変えない」

      経営の痛点18「豆電球の法則」

      経営の痛点19「コンピュータは想像力を阻害する」

      経営の痛点20「情報はタダではない」

    「とりあえず法廷で」の時代

      経営の痛点21「自社の定款をおざなりにするなかれ」


 6 経営者は金持ちでなければならない

    マネーの時代

    社長はとりあえずお金で買える幸福を追求する人である

    嫉妬する人、される人

    第三の利益に注目

    もっと踏み込んだ財務戦略を

    雑収入で儲けて何が悪い

    ある若手経営者の資産運用と企業戦略

    社長の個人資産の持ち方原則

    経営者の報酬の取り方

    資産ポートフォリオ

    社長個人の投資の進め方

    私の失敗

     失敗1「海外不動産の失敗」

     失敗2「香港の不動産投資法に学ばず」

     失敗3「仙台でのマンション建設の失敗」

    都合のよい話だけが耳に入る

    投資の基本18箇条

    不動産投資の15箇条

    「手取りいくらか」が個人も会社も資産形成のキーワード

    IPO(株式公開)戦略は是か否か


 7 事業とお金の継続発展

    経営者にも旬がある

    テレビ1台しか残らなかった

    やめる勇気

    事業承継の基本的な考え方

    自社株の対策

    目に見える資産の残し方

    目に見えない資産の残し方

    同族経営のこつ

    着眼大局、着手小局

    後継者も豊かに

    墓場に行くまで金儲けを忘れない

   著者紹介

 

商品番号 NG-SM0015
商品名 営業利益2割の経営
販売価格 10,584円
税別価格 9,800円
メーカー 日本経営合理化協会
送料区分 送料込
配送タイプ 宅急便
在庫
ポイント 1%

数量: