トップページ良くある質問お支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ

知恵の泉書店
売れ筋トップ3


【 第1位 】

医療スタッフの接遇マニュアル(DVD版)

医療スタッフの接遇
マニュアル DVD


【 第2位 】
高校生面接力向上シリーズDVDビデオ(就職編)
高校生面接力向上
シリーズ(就職編



【 第3位 】
介護スタッフの接遇マニュアル(DVD版)

介護スタッフの接遇
マニュアル DVD

 

 

関連サイト

野球天国 サッカー天国 健康太郎
ビデオ/DVD > 社長・経営者研修 > 《新会社法対応》社長のための決算書の読み方DVD
商品詳細

《新会社法対応》社長のための決算書の読み方DVD


社長としての決算書の読み方と経営判断の急所

忙しい社長、数字が不得手、これから初めて決算書を学ばれる方でも大枠で会社数字をつかみ、経営に活用する見方と基本だけを厳選し集約。
「貸借対照表」・「損益計算書」の読み方と使い方、数字の変化から実態をつかむ方法と、社長が打つべき経営判断の実務、会社を強くする「キャッシュ・フロー」の押さえるポイント、自社や取引先の決算書にひそむ“危険信号”の見抜き方…をはじめ、映像とテキストの併用で“カンタン”に決算書を読破できるようにわかりやすく解説指導しております。


《新会社法対応》<br>社長のための決算書の読み方DVD

講師:
(辻・本郷税理士法人 理事)
形態: DVD全3巻(約1時間30分)

第1巻 貸借対照表を読む
第2巻 損益計算書・株主等変動計算書・
    注記表を読む
第3巻 キャッシュフロー計算書を読む

専用テキスト1部
収録年: 2007年
サンプル: サンプルを視聴する

 ■DVDの主な内容
貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書…
社長としての「決算書の読み方」と経営への活かし方を解説指導

第1巻 社長は決算書から何を捉えるか、数字に隠れた問題点を見抜く
(約35分)

■社長としての決算書の読み方とその仕組み、役割とは何か
 ●決算書は会社にとっての「レントゲン写真」●決算書の種類とその役割
 ●会社が儲かっているのか、損しているのか、財産は、借金はどうか…
 ●貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計算書、注記表と各々の基本と見方
 ●「一定時点」と「一定期間」の考え方 ●決算書は“何期分”を読むべきか
 ●「貸借対照表」と「損益計算書」の“つながり”から押さえておくこと

【貸借対照表(バランスシート)を読む】会社の財政状態と経営戦略があらわれる
■社長は、どの順序で「バランスシート」を見るべきか
 ●最初に見るべきところはどれか ●貸借対照表から何をつかむか
 ●社長は大局をつかんで、会社の現状をイメージせよ


      

■《資産の部を読む》資産の増減から押さえておくべきチェック項目
 ●流動資産と固定資産の違いとは
 ●一年基準(ワン・イヤー・ルール)と営業循環基準で流動か、固定か決まる 
 ・10年かけて回収される受取手形・5年間かけての宅地造成・5年もの定期預金…
 ●現金に始まり現金で終わる ●回収遅れを未然に防ぐチェックポイント
 ●貸倒れと不良在庫の正しいつかみ方 ●利益の水増しを防ぐ「仮払い」の注意点
 ●「有価証券」の社長の考え方 ●買った時の金額では載っていない「減価償却資産」
 ●「土地」の含み損、含み益をどう読むか ●「建設仮勘定」から設備投資を押える
 ●開発費の費用化のすすめ方 ●子会社とグループ会社の考え方

■《負債の部を読む》現金と借入金のバランスをつかむ
 ●スグ返さなければならない「お金」はどれか ●隠れた借金はないか
 ●社長は借入金の合計金額を必ず押える ●流動負債と固定負債

■《資本の部を読む》会社の大きさと安全は資本金では判断できない
 ●自己資本が重要なワケ ●利益準備金はいくらまで積むのか
 ●今まで貯めてきた利益はどれくらいあるのか ●剰余金処分への社長の視点
 ●攻めと守りの経営とバランスシートの関係

第2巻【損益計算書(P/L)を読む】
一年間でどれくらい儲けることができたのか(約26分)


■社長は、どの順序で損益計算書を読むべきか
 ●3つの「収益」と5つの「費用」 ●五段階で利益を求める損益計算書の仕組み
 ●それぞれの利益は何を意味するのか ●社長は損益計算書のココに注視する
 ●自社の売上高はどのくらいか、経費はどのくらいか、税金はどのくらいか…
 ●「収益―費用=利益」があらわしていること

■《営業利益までを読む》会社の本業の儲けをあらわす大事な数字
 ●売上高はすべての根本 ●当期の数字と前期の数字の増減を比較すれば… 
 ●直接コストと間接コストの違い ●売上原価と在庫金額の社長の読み方

■《経常利益までを読む》経営者注目!会社の実力は“ケイツネ”でわかる
 ●営業外収益と営業外費用とは何か ●受取利息と配当金
 ●機械や備品の売却、地代の受け取り…は、どこにあらわれるか 
 ●人件費と支払利息と手形割引が経費の大半を占める
 ●会社の借入依存度を左右する「正味支払金利」とは

■《当期純利益までを読む》最終的な利益をつかむ
 ●一年間のすべての収益とすべての費用 ●決算対策に使われやすい「特別損益」

【株主資本変動計算書と注記表を読む】財産の動きと数字で表せない会社情報
■株主資本変動計算書で純資産(資本金、剰余金、配当金)の増減と理由をつかむ
 ●新会社法の施行で登場した財務諸表の押さえ所 ●増資と新株の発行
 ●利益準備金と繰越利益剰余金の関係は? ●前期末と当期末の株主資本の変化

■会社の決算方針をいかに伝えるか〜注記表の役立て方〜
 ●減価償却費は「定額法」か「定率法」か ●商品原価の計算方法
 ●重要な会社の会計方針


      

第3巻《キャッシュ・フロー計算書を読む》会社の真の実力をひと目でつかむ(約29分)

■利益を生み出すと同時に、現金がどのように動いたかにも注意せよ
 ●キャッシュ・フロー計算書の仕組と社長の読み方と使い方
 ●“勘定あってゼニ足らず”会社が黒字でも倒産する理由
 ●なぜ、キャッシュフローが重視されるのか
 ●一年間のお金の出入りと会社の戦略があらわれる
 ●タイムラグが生じる4つの理由 
 ●直接法と間接法 ●損益計算書とキャッシュ・フロー計算書の違いとつながり

■《営業キャッシュ・フローを読む》本業で利益を上げる力をあらわすお金の流れ
 ●大きければ大きいほど良い理由 ●マイナスになるふたつのケース
 ●売掛債権、買掛債権、棚卸資産、減価償却で社長が押さえるポイントは何か
 ●営業キャッシュフローが損益計算書の利益より下回る時に打つべき手順
 ●営業キャッシュフローを正しく押さえる社長の着眼点

■《投資キャッシュ・フローを読む》不動産や機械の購入…何に投資をしたのか
 ●投資キャッシュフローとは何か ●増減からわかること
 ●積極的な設備投資はマイナスになる ●営業CF・投資CFのつながりを読む 
 ●会社の成長を左右するフリーキャッシュフローの使い道

■《財務キャッシュ・フローを読む》資金の調達や返済…どこからお金を集めたのか
 ●お金を借りたらプラス、返済したらマイナスが基本 ●短期借入金と長期借入金
 ●営業CF・投資CF・財務CFの増減からつかむことは

■会社の実態を分析する財務分析の基本〜強い会社を築くために〜
 ●貸借対照表と損益計算書を使った経営分析のやり方 
 ●過去の数字を経営に活かす方法 ●収益性・安定性・生産性で読む自社の長所と短所
  
演習問題 《青空商事の決算書を読む》
専用テキストには、決算書の読み方と使い方、決算書分析の方法の理解を深める演習問題を添付。様々な要素を含んだ「青空商事」の決算書を読み、演習問題を解くことで、決算書の読み方を確実につかむことができます。また、重要ポイントを楮原達也講師が補足解説。決算書を読破し、読み方の理解をより深めることができます。

講師紹介

楮原達也(辻・本郷税理士法人 理事)

"楮原達也"画像 「強い会社にするためには社長が、決算書の数字を経営判断に活かすことが必須条件」と社長としての決算書の読み方、使い方の実務ポイントだけを絞り、わかりやすく指導。
 豊富な実務経験と指導実績に基づいた、その指導法は企業研修会、専門機関でも絶大な人気を博し、全国の社長から決算書を読めるようになった、経営判断に活用できた、会社の現状が手に取るように見えたと好評をえて、東奔西走の毎日を送る。
 東洋大学卒業後、公認会計士 辻敢氏が率いた辻会計事務所の門戸を叩き、長年に渡り、直々に薫陶を受ける。辻敢氏亡き後も、その遺志を引き継ぎ、「会社を強く、わかりやすく」を重視した指導法で、オーナー企業の経営指導の傍ら、決算書分析、法人税務、事業承継実務でも活躍。1993年税理士登録。現在、辻本郷税理士法人理事。著書に「ケース・スタディ法人税実務の手引」、「わかりやすい決算書の手引」、「相続税対策のすすめ方」他

商品番号 NG-KC002
商品名 《新会社法対応》社長のための決算書の読み方DVD
販売価格 54,000円
税別価格 50,000円
メーカー 日本経営合理化協会
送料区分 送料込
配送タイプ 宅急便
在庫
ポイント 1%

数量: